So-net無料ブログ作成

地震・災害・防災用セットのオススメは防災士選定の36点セット!防寒対策が重要です  [防災]

突然の巨大地震!
身の回りでおきても全然おかしくない
最近の日本ですよね。

そんな時、実際に何をもって
外にでればよいのでしょうか?

yjimage[10].jpg

よくわからない方のために
防災士(←調べて初めてしりました)さん
が 過去の地震で被災された方の
声を形にした

防災士選定の36点セットという、
撥水加工のリュックに入った
防災アイテムを見つけましたので
紹介いたします。

気になる方は↓
ディフィンドフューチャー

この防災士選定の36点セットの特徴は、

過去の巨大地震
阪神淡路大震災と東日本大震災から
電気・水道・食べ物のライフラインが2~3日間
途絶える地域がありました。

3日以降は防災機関の応募、復旧活動
が本格化しボランティアの支援も入り
徐々にライフラインの復旧のきざしが
みえてくる段階となります。

3日間程度の飲料水・食料・生活用品は
必ず確保した方が良いということで、

ライフラインが途絶えても3日間生き抜くこと
をコンセプトにまとめられています。

防災士選定の36点セットのセット内容は、

・防災加工のリュック
・ダイナモLED
・ライト・ラジオ
・モーリアンヒートバックM(発熱剤3個入り)
・布製の軍手
・ホイッスル
・ロープ
・万能ナイフ
・レインコート
・カット綿
・絆創膏の(大)
・絆創膏の(小)
・歯ブラシ
・綿棒
・テープ
・ピルケース
・ウエットティッシュ
・マスク
・ポーチ
・三角巾
・包帯
・アルミブランケット
・使い捨てカイロ
・ウゥータータンク
・簡易トイレ(1回分×3)
・エアーマット
・ラップ
・レジャーシート
・5年保存水(500ml)
・アルファ米
・防災マニュアル(PDF)
・マイクロUSBケーブル
・Lightningケーブル
・ID用紙

となっております。

災害時特に一番つらいのは
睡眠がとれないことかと思います。

・防災用エアーマット
・アルミブランケットも入っており
寒さから体を守る対策はバッチリです。

またエアーマットは担架の代用にも
なるので、ケガをした子供や歩けない
おじいちゃん、おばあちゃんも
いざというときに、乗せて運ぶことも
できます。

ご自信で悩まれるよりかは、
専門の防災士さんが厳選したアイテム
の詰まった、防災セットを参考に
されるのも良いかと思います!

興味のある方は、
こちらにわかりやすく詳しい内容が
書いてありますので
参考にしてみてくださいネ↓
ディフィンドフューチャー









































nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。